Japan Technical Jamboree 60

From eLinux.org
Jump to: navigation, search
HeadTitle LFCEWG.png
Date: March 17th/ 日付: 3月17日(金)
  • At Nakano Sunplaza / 於、中野サンプラザ
  • Please join "celinux-dev" mailinglist to get the latest announcement.
  • "celinux-dev" メーリングリストにこのイベント関係のアナウンスが流れます。ぜひ参加してください。
J Jam SessionProp.gif
Session proposal how-to. / 提案の方法

Introduction / はじめに

  • The Japan Technical Jamboree is a forum-wide technical meeting of the CE Workgroup of the Linux Foundation. This meeting will be located conveniently in Japan and use Japanese as the native language of the event.
  • A general guidance page is available. / 初めての方はこちらもお読みください。

Special remarks for non Japanese speakers

  • This page is Japanese/English bilingual. Please allow some contents on this page are not translated into English because of this event is Japan regional one, though we try to place English translation.
  • If you would like to perform your presentation in English, we also welcome you to join! We hope you to speak slowly without any complicated expressions. Most Japanese developers are capable to understand plain English.

Why Jamboree / ジャンボリーに寄せる思い

  • "Here" please find an introductory material of CE Workgroup explaining "Why Jamboree". It is one of important event for us for "Hop-Step-Jump" strategy to let embedded system developers jumping into open community. We know many of you are too busy to collaborate with open communities because of your daily jobs. And you may be concerned for your language skill or technical knowledge. Then we prepared this Jamboree as the entry point for those people to the open community. You may speak in Japanese. You do not need to worry about your technical skill. But we strongly would like encouraging you to come to the international stage like Embedded Linux Conference which is the stage of "Hop" to the global open community!
  • It is not the place only for Consumer electronics field but also we greatly welcome other domain embedded system developers and more. Even if you are working for super computer or enterprise server system, you will be welcomed! Let's enjoy OSS together!!
  • "このスライド"はCE Workgroupの説明資料からの抜粋です。この中でCEWGがジャンボリーにかける思いを説明しています。組み込みシステム開発にあたられている皆さんは日々の仕事に追われて大変に忙しい毎日を送られている事、良く知っています。また、英語の問題、または本当に技術的な実力があるのだろうか(ほとんどの場合無用な心配ですが)といった心配もあって、なかなかOSSコミュニティーとの交流を始める勇気が湧かない、というのが現実ではないでしょうか。そのような皆さんのために、CEWGは、その前身のCE Linux Forumの時代から、日本で日本語で技術ディスカッションをする場(ジャンボリー)をホップの場として、世界中の組み込みOSS開発者が集まる場、Embedded Linux Conference (US/Europe)をステップの場として、OSS開発者のグローバルなコミュニティーにジャンプできるような場を設けています。
  • この場は決して、Consumer Electronics関係の皆さんだけのものではありません。たとえば自動車関係、産業機器関係、医療機器関係などより広範な組み込みシステム関係の皆さん、さらにはスーパーコンピュータやエンタープライズシステムなどに関わられている皆さんの参加もこころから歓迎します。Let's enjoy OSS together!!

Previous Jamboree

Hash tag on Twitter

  • #CELFJP

Date and venue... / 日付・場所...

NakanoSunplaza2.jpg

  • Date March 17th, 2017
    • Starting at 10 am
  • At Nakano Sunplaza / 7F Training Room / 会場 中野サンプラザ / 7階・研修室
  • Admission: Free of charge / 参加費用: 無料
  • Not limited for CE Workgroup members. / CE Workgroup会員以外も参加・セッション持ち込み共に可能
  • Coordinators / 世話役 (Your inquiries in English welcome)
    • Hisao Munakata / 宗像尚郎 (hisao_dot_munakata_dot_vt(a)renesas_dot_com)
    • Satoru Ueda / 上田理 (Satoru_dot_Ueda(a)jp_dot_sony_dot_com)

Registration / 参加登録

  • No registration required / 参加登録は要りません。

Main Topics

Agenda / 進行

Agenda

Time Title and presenter Notes

Presentation Materials

10:00..
  • Opening / 連絡事項
10:15am..

Status of Embedded Linux

  • Tim Bird
    • Recent Status of Embedded Linux technologies (in slides)
  • "PDF" (at last jamboree)
  • (In English / 英語のセッションです)
  • * Youtube.png Us flagSymbol.gif Video
11:30.. Lunch
12:30pm..

Ask for Answer about C++ Exception Handling with DWARF (Mitigation of Memory Corruption Attacks)

  • Masahiro YOKOYAMA, Takamichi SAITO (Meiji University) Kuniyasu Suzaki (AIST)
    • 我々は,現在,アプリケーションとしてのローダを用いて,保護対象プログラムのロード時に脆弱な関数の呼び出しを置換することで,保護対象プログラムの脆弱性を悪用した攻撃を防ぐ手法を研究しています.本発表では,開発中のローダの概要と現状の課題についてお話します.C++の例外処理の仕組みについて何か知見をいただければと考えています.特にDWARFと関連を疑っており,議論できれば幸いです.
1:45pm..

Status update for Civil Infrastructure Platform and Deby

  • Yoshitake Kobayashi, Toshiba
2:30pm..

CAN(車載通信)を使用する方法について

  • Yuichi Kusakabe
3:00pm..

Dynamic Tracing Tools on ARM/AArch64 Platform: Updates and Challenges

  • Hiroyuki ISHII, Panasonic

bcc/BPFを中心としたDynamic Tracing Toolsの動向と、bccをAArch64にポーティングした事例の紹介です。
時間帯は移動可(連絡不要)です。

  • PDF
  • (In English / 英語のセッションです)
  • Youtube.png Us flagSymbol.gif Video
4:00pm..

Introduction of the Operations for Participating in the OSS Community (About Contributing Programs)

  • Hiroyuki Hatta, Fujitsu
5:00pm..

Talk about AGL-Fuego change the html of tests result transform processing

  • Cai Song, Fujitsu ten

自動テストツールのテスト結果表示について、処理変更をした内容のご紹介です
SKYPEでの発表が必要となりますので、時間帯は移動可(連絡不要)です。

  • (In English / 英語のセッション[SKYPE]です)
  • PDF
  • Youtube.png Jp flagSymbol.gif Video
5:45pm..

BOF: Community Knowledge Transfer / introduction of ELC session

  • Hiroyuki FUKUCHI, Sony

ELCで発表したCommunity Knowledge Transferに関するBOFの紹介です。
時間帯は移動可(連絡不要)です。

  • PDF
  • (In Japanese / 日本語のセッションです)
  • Youtube.png Jp flagSymbol.gif Video
6:30pm..

Share info about ELC 2017

  • Fan Xin, Fujitsu

PDF

6:45pm..
  • Call for session
  • Please be noted above time table is just a guideline and may be shifted. / 上記の時間割は目安です。かなり前後する可能性がありますので、あらかじめご承知おきください。

Special Remarks

  • Please place some detail descriptions about each presentation topics.
こちらに各プレゼンテーションの詳細などを記載してください。

Ask for your help / お願い

Presentation Materials

  • We wish you to prepare the materials in English. / 出来るだけプレゼンテーション資料は英語で表記してください。絶対ではありませんが、日本語が理解できない方に対しての配慮が出来ればと思います。
  • Please leave your material in this wiki site after the event. / ジャンボリー終了後、プレゼンテーション資料はこのWikiに残してください。

English Translation Volunteer

  • If you can help the translation volunteer from Japanese to English, we would be very much appreciated! / 日本語を英訳していただくボランティアを大歓迎します!