JapanTechnicalJamboreeGuidance

From eLinux.org
Revision as of 04:08, 18 March 2013 by Sat U (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

NOTICE

* The wiki for Japan Jamboree is moved to eLinux Wiki as from the 27th.
 * Event Schedule:
  * http://elinux.org/Events
 * Wiki pages:
  * http://elinux.org/Japan_Technical_Jamboree_nn

Template:Attachment:JapanTechnicalJamboree/headTitle.gif

* This page is the general introduction of the Japan Technical Jamboree.
 * {i} What is "CELF Jamboree"?
  * This is one of the technical discussion place of CE Linux Forum.  Like young guy get together around a camp fire and talk freely about their dream, we hope it to be one of the exciting place to discuss about the technology of the embedded system software based on the Open Source Community manner.
  * In Japan, this event will be held regularly (once in two month).  If you would like to volunteer to operate your regional Jamboree, CE Linux Forum will be happy to support you.  To that case, please contact Forum Office of CELF, office@celinuxforum.org.
 * This page is prepared by Satoru Ueda (Sony).  Satoru.Ueda(a)jp.sony.com
  * Address of special thanks: I appreciate Ikoma san and Tim, for their special efforts to add the English translations.

<<TableOfContents>>

過去に開催されたジャンボリー / History

 ||イベント || Wiki Page || Key Topics ||
 ||第1回目の案内と、ミーティングメモなど<
>1st in Japan (Oct. 29, 2004)||JapanTechnicalJamboree1|| ||第1回目の後に有志で行ったフォローアップミーティング<
>Japan follow up||JapanTechnicalJamboreeFollowUp|| ||第2回目の案内と、ミーティングメモなど<
>2nd in Japan||JapanTechnicalJamboree2|| ||韓国版ジャンボリー(第一回)<
>1st in Korea||CELFKoreaTechConference|| How to go together with "Community" || ||International Technilca Conference, June 2005 || InternationalTechnicalJamboree || || ||第3回目の案内と、ミーティングメモなど<
>3rd in Japan||JapanTechnicalJamboree3|| Linux on Cellular Phone || ||第4回目の案内と、ミーティングメモなど<
>4th in Japan||JapanTechnicalJamboree4|| ||第5回目の案内と、ミーティングメモなど<
>5th in Japan||JapanTechnicalJamboree5|| ||第6回目の案内と、ミーティングメモなど<
>6th in Japan (Jan. 20, 2006)||JapanTechnicalJamboree6|| DirectFB improvement for ARIB || ||第7回目の案内と、ミーティングメモなど<
>7th in Japan||JapanTechnicalJamboree7|| ||第8回目の案内と、ミーティングメモなど<
>8th in Japan||JapanTechnicalJamboree8|| ||第9回目の案内と、ミーティングメモなど<
>9th in Japan||JapanTechnicalJamboree9|| ||第10回目の案内と、ミーティングメモなど<
>10th in Japan||JapanTechnicalJamboree10|| - MIPS Core : Prelink on MIPS and more || ||第11回目の案内と、ミーティングメモなど<
>11th in Japan (Oct. 27, 2006) || JapanTechnicalJamboree11|| ||第12回目の案内と、ミーティングメモなど<
>12th in Japan (Dec. 8, 2006) || JapanTechnicalJamboree12 ||- Secure Linux on parade!<
>- Christmas Present from Sony, Cell Linux debut|| ||第13回目の案内と、ミーティングメモなど<
>13th in Japan (Feb. 22, 2007) || JapanTechnicalJamboree13 ||- Summarizing Linux virtual memory system / Session for beginers<
>- "Hello World!" Cell Processor<
>- RAM consumption reduction by delayed load || ||第14回目の案内と、ミーティングメモなど<
>14th in Japan (Apr. 27, 2007) || JapanTechnicalJamboree14 ||- Review ELC 2007<
>- Experience of Emdebian || ||第15回目の案内と、ミーティングメモなど<
>15th in Japan (Jul. 12, 2007) || JapanTechnicalJamboree15 ||- Review OLS 2007<
>- Hints to collaborate with community || ||第16回目の案内と、ミーティングメモなど<
>16th in Japan (Aug. 31, 2007) || JapanTechnicalJamboree16 ||- The latest status of the embedded system related development in main line Linux community || ||第17回目の案内と、ミーティングメモなど<
>17th in Japan (Oct. 25, 2007) || JapanTechnicalJamboree17 ||- The latest status of CABI (CPU resource allocator) development.<
>- NAND Flush File System (YAFFS/JFFS2)<
>- Introduction of UIO || ||第18回目の案内と、ミーティングメモなど<
>18th in Japan (Dec. 21, 2007) || JapanTechnicalJamboree18 ||- "Android!" which actually working on a reference board!<
>- Secure Linux for embedded systems<
>- Value of Linux for embedded system development || ||第19回目の案内と、ミーティングメモなど<
>19th in Japan (Feb. 21, 2008)<
>Japan Super Jamboree|| JapanTechnicalJamboree19 || /!\ Invited David Woodhouse as the key note speaker. || ||韓国版ジャンボリー(第2回)<
>2nd in Korea (Feb. 22, 2008)|| KoreaTechJamboree2 || /!\ Invited David Woodhouse as the key note speaker. || ||第20回目の案内と、ミーティングメモなど<
>20th in Japan (Apr. 25, 2008)|| JapanTechnicalJamboree20 ||- ELC 2008 Report<
>- Introduction of "Scratch Box" || ||第21回目の案内と、ミーティングメモなど<
>21st in Japan (Jul. 4, 2008)|| JapanTechnicalJamboree21 ||- Struggling with cross compiling || ||韓国版ジャンボリー(第3回)<
> 3rd in Korea (Jul. 11, 2008)|| KoreaTechJamboree3 || /!\ Invited Thomas Gleixner as the key note speaker. || ||第22回目の案内と、ミーティングメモなど<
>22nd in Japan (Aug. 29, 2008)|| JapanTechnicalJamboree22 ||- OLS 2008 report <
>- UIO in practice|| ||第23回目の案内と、ミーティングメモなど<
>23rd in Japan (Oct. 30, 2008)|| JapanTechnicalJamboree23 || || ||韓国版ジャンボリー(第4回)<
> 4th in Korea (Nov. 21, 2008)|| KoreaTechJamboree4 || /!\ Invited Jonathan Corbet as the key note speaker. || ||第24回目の案内と、ミーティングメモなど<
>24th in Japan (Dec. 18, 2008)|| JapanTechnicalJamboree24 || || ||第25回目の案内と、ミーティングメモなど<
>25th in Japan (Jan. 30, 2009)|| JapanTechnicalJamboree25 || /!\ 大阪で開催 || ||第26回目の案内と、ミーティングメモなど<
>26th in Japan (Mar. 26, 2009)|| JapanTechnicalJamboree26 || ||

CELFテクニカルジャンボリーのごあんない / Introduction to CELF Technical Jamborees

Snapshots of the Jamboree

   || Template:Attachment:JamScene.jpg || - 毎回約100名弱ほど参加されています。<
> - About 100 attendees in each Jamboree. || || Template:Attachment:JamScene2.jpg || - 気軽に技術ディスカッションの輪が拡がります。<
> - Very casual and open discussions! || || Template:Attachment:JamScene3.jpg || - デモンストレーションも大歓迎。<
> - Demonstration? Welcome!! ||

テクニカルジャンボリーとは / What is Technical Jamboree?

* CE Linux Forumはオープンソースの流儀でLinuxをCE機器向けにも価値の有るOSに皆で育てる事を目指して2003年6月に誕生しました。とは言うものの、当初はビジネスで熾烈な競争を繰り広げているライバル同士がこの場でオープンになれるのか懐疑的だった人も多い筈です。
 * CE Linux Forum was founded in June 2003 in order to raise Linux as an OS valuable also for CE equipments in open source way. However, at first, not a few people must have been doubtful if competitors fighting severely in the business field can be open here.
* このテクニカルジャンボリーはそのような懐疑的な雰囲気を少しでも払拭する目的で、2004年秋にまず日本で始めたイベントです。これまでに日本のみならず韓国でも同様なイベントを開催しました。
 * This Technical Jamboree started in the fall of 2003 in Japan to begin with, with the intention to sweep away such skeptical atmosphere. The events have been held in Korea as well as in Japan.
* およそ2ヶ月に1度の割合で開催しているジャンボリー。3回、4回と回を重ねる毎に、段々と自由闊達な技術ディスカッションが当たり前のようになってきました。もちろんライバル同士もここでは呉越同舟です。皆、最高のOS等の共通ソフトウエア資産を早く手にしたい、きちんと守り育てたい気持ちは共通ですから。
 * The Jamborees are held almost bimonthly. With more events, the more free and hotter technical discussion has gotten to be more natural. Here, even competitors work together, as all participants have the same goal to get and raise the best and shared software assets such as OS.
* ここでは原則として日本語でディスカッションします。ただし、徐々に海外のCELFメンバーやコミュニティーからも注目を集めるようになってきました。後日で結構ですからディスカッションの内容の英文でのサマリー、検討資料の英訳をWikiに追記していただければ幸いです。また英訳のボランティアを歓迎します。
 * The discussions are performed in Japanese, in principle.  If you can provide with the discussion summary and the materials translated in English, it will be kind to non Japanese people who are interested in those technical discussions.
  * Note for non Japanese speaking people:
   * We are looking forward to all of your understandings that it is because we are intending to motivate engineers in Japan to join the discussion.  We are asking the volunteers to translate those materials into English and some of them are already done.

テクニカルジャンボリーの価値 / The Value of Technical Jamborees

* 人それぞれ、様々にこのイベントの価値を見つけているようです。例えばこのような声を聞きます。 / Each participant seems to find his own values in these events. For examples:
 * 「会社内では手加減した技術議論しか出来ないけど、ここに来ると様々な会社、大学、研究機関などから凄腕の人が集まるから遠慮無しで議論が出来る!」
  * "While I can have only half-baked technical discussion in my own company, here hackers and experienced people gather from various companies, universities, reserch institutes, so I can discuss thoroughly!"
 * 「中期的な視野で開発をしているものが有る。商品化に迫られていない案件は開発管理がおざなりになりがち。だから、ジャンボリーで必ず開発状況の中間報告をして、マイルストンに使っている。」
  * "I am developing something with middle or long time frame. As there is no pressure to release as proudcts, the develop management tends to be loose. So, I came here to the Jamboree, and report the interim status of development as my milestone."
 * 「一人で悩むより、ここに問題を持ち込んだ方が解決が早い!仮にジャンボリーで解決しなくても後からメールで良いヒントが来る事もあるし」
  * "I may get quicker solution by bringing my problem here, than struggling by myself. Even if I can not get good solution at the Jamboree, somebody might send me a clue later."
 * 「新人を送り込んだらいきなり成長してきた。プログラムのお作法もきちんとコメントをくれる人もいるので、新人の将来が楽しみになる。」
  * "I sent one of my young engineers to the Jamboree, and he returned bigger. Somebody commented on his programming manners and I am looking forward to see his growth."
 * 「ここに来ればLinux開発に取り組んでいるのが私だけではないことがよくわかる!」
  * "To be here, I know that I am not the only one to struggle with the development of Linux."
 * 半導体メーカーや、ソフトウエアツールベンダーの方は「お客様がどこで悩んでいるのかよくわかる。開発のヒントになることが多い」
  * For semiconductor vendors or software tool vendors say "I can see where my customers are suffering. I can get a lot of hints for development."
 * 「この前のジャンボリーで会った人にその人が作ったパッチの解説をお願いしたら喜んで引き受けてくれた。とても助かった!」
  * "I asked a guy at the Jamboree to explain his patches and he willingly explained it. This was very helpful!"

* あるセッションの終わりに・・・「・・・残念ながらまだKernel 2.4上でしか動いていないんですよね」と締めくくったところ、会場から手が上がって「面白そうだからKernel 2.6にインプリして来ました。今、デモしても良いですか」なんていう出来事も有りました。
 * At the end of a session, the presenter concluded "... unfortunately, this only works on Kernel2.4". Then one of the audience raised a hand and he said "I found your work very interesting, so I have already implemented it on Kernel 2.6. May I demo it now?" This actually happend.

開催案内を受けるには / To Receive the Announcement of Jamborees

* 開催案内は開催1ヶ月ほど前に[[1]]にてご案内致します。またCELF開発者向けメイリングリストcelinux-dev@tree.celinuxforum.orgにも案内が流れます。このメイリングリストはフォーラムメンバー如何を問わず誰でも参加できます。参加方法はこのページの後半にあります。
 * Announcemnt of Jamboree is shown on [home page] about a month before. Announcement will also be sent to the mailing list for CELF developers celinux-dev@tree.celinuxforum.org. Anybody can subscribe this mailing list. See below for subscription.)
* 原則として、会費は一切不要です。低予算で数多く実施したいため、食事の用意やコーヒーの用意などはしません。あしからず。
 * In principle, no fee is necessary. No food nor coffee served, for more events with low budget. Sorry.
 * /!\ 会場が満席の場合立ち席をお願いする場合も有ります。ジーンズ等カジュアルな(汚れても良い)服装でご参加ください。 ;)
  * Seats may not be available when full of attendance. Attend with casual wear, e.g. jeans. ;)
 * /!\ 電源コードが足りなくなる事があります。もし電源延長ケーブル(テーブルタップ)をお持ちでしたら、ご持参ください。
  * There may not be enough outlets and/or power cables. Attend with your extension cable if available.
 * /!\ 高速ネットワーク接続可能で低価格な会場が見つかりました!
  * We are using an inexpensive room and with high-speed network connection.
* フォーラムメンバー以外の参加も歓迎します。CEつまり"Consumer Electronics"向け組込みLinux開発から始まったCELFですが、他の領域の組込み用途にも役立つ話は多く有るでしょう。また逆にCE領域以外の開発でもCE機器にも役立つことが多い筈です。"CE"にこだわらずお気軽に参加してください。
 * Non-members of the forum are also welcome. CELF started targeting development of embedded Linux for CE ("Consumer Electronics"), but there will be discussion on topics also helpful for other embedded fields. On the other hand, we are expecting such development may be helpful for CE equipments. Do not take "CE" seriously.

テーマ / Topics

* 話題はオープンソースの流儀で話せるものなら何でも構いません。Linuxカーネルにまつわる話題はもちろんのこと、ミドルウエアやソフトウエアツールの話題等でも大丈夫です。
 * Any topic is welcome if we can talk in open source way. Topics on middleware or software tools are welcome as well as on Linux kernel.
* TIPS:
 * 「こういうことが出来上がりました」という話題よりも「こういうことをやっているのですがここで困っています」とか、「こういうことに着手したのですがアイディアは無いですか」といった話題の方が盛り上がる傾向があります ;)) 。開発初期段階から有効な情報を得る事が出来る、高レベルなパートナーに巡り会える、などの効果が期待できます。これは開発効率を上げるためには見逃せない事ではないでしょうか。
  * Discussion tends to be hot for such topics that "I am working this thing, but I am stuck on this problem." or "I have started this. Does anybody have good ideas?", rather than "I have completed this work" ;)) . Such results are expected that you can get effective information in early stage of development, or, you can meet potential partners with high skills. You can not miss these opportunities to improve efficiency of development.
 * 美しいプレゼンテーション資料よりも、美しいソースコードの方が歓迎されます。デモンストレーションも良いですね!組込み開発環境はコンパクトサイズな場合が多いのではないでしょうか。持ち込みデモも大歓迎です。
  * Beautiful source code is welcomed than beautiful presentation materials. Demonstration will be warmly accepted. Development environment for embedded is of compact size, right? Demonstration by surprise is also welcome.
 * ジャンボリーのために特別に念入りな準備する事は無いかと思います。気軽に参加してください!
  * No special preparation required for attending Jamborees. Take it easy!

ネタ振りカード? / "Neta-furi"("What I can talk about") Card?

 * ネタ振りカードは廃止しました。 / We are not asking you to prepare the "Neta-furi" card recently.
    1. Template:Attachment:CELFregionalEvent Final.jpg
    2. * 国民性も有るのでしょうか、日本での技術カンファレンスは折角いろいろな人が集まっても「隣は何をする人ぞ」で一日が終わってしまうケースがかなりあるように思います。少しでも後々にもつなげられるように参加されるみなさんから「持ちネタ」を紹介していただくカードをあらかじめ送っていただきます。ジャンボリー開始直後にそのカードをスライドショーします。少しだけ自己紹介をしてください。なお、勤務先の都合等で支障が有る場合などで辞退も大丈夫ですのでご安心ください。
    3. * In the current atmosphere of technical conferences in Japan, it seems to be often the case that a lot of people with various background come together but a day passes without interacting each other. So our plan is to ask you attendees to send in advance a card which introduces what you can talk about. At the begining of the Jamboree, we slide-show the cards. Please introduce yourselves briefly. It is OK if you decline for any reason, such as the your business condition.
    4. * ジャンボリーの後で、参加した方にpdfファイルにしてカード集をお送りいたします。後日更にディスカッションを深めたい場合などにご活用ください。これもカード集に入れない事も可能です。
    5. * After the Jamboree, we will send attendees the pdf'ed cards. Use it in such a case you want to have deeper discussion in later days. Of course, you can choose not to include your card.
    6. * 余談 / By the way
    7. * 「大体日本でカンファレンスを開くと誰も発言しなくて困るよね。」
    8. * "It's embarrassing that nobody speaks when holding a conference in Japan"
    9. * 「そうそう。『何か意見如何ですか』なんて聴衆を指名すると、寝たふりされるもんね。」
    10. * "Right. When I ask to the audience 'any comment?', then some guys pretend to be sleeping("Neta-furi")."
    11. * 「うんうん。・・・寝たふり?・・・ネタ振りってどう?」
    12. * "Yes, ... Neta-furi(pretend to be sleeping)? ... How about "Assigning topics" ("Neta-furi"<Sorry, pun in Japanese>)?
    13. * ・・・これがネタ振りカードのそもそもの始まりでした。(2005年6月、横浜にて)
    14. * ... this conversation was the origin of "Neta-furi"(What you can talk about) cards (June 2005 in Yokohama).

CELFのサービス利用方法 / How to Use CELF Services

* CELFには会員、非会員問わずご利用いただけるサービスが有ります。組込み機器に関係するソフトウエア開発に関する事で、GPL、LGPLあるいはそれに互換なライセンスでソースコードを開示出来るものでしたら、Wikiや、メーリングリストを使えます。
 * CELF has services available both for members and non-members. You can use the Wiki and/or mailing lists for the topics on software development relating to embedded devices, if the souce code can be disclosed with GPL, LGPL or compatible licenses.
* なお、CELF、アーキテクチャグループ(技術ディスカッションのとりまとめをするグループ)の議長が不適切と認めたものは、断り無く修正、削除されることが有ることをあらかじめご承知おきください。
 * Caution: the articles/messages may be modified or removed without caution, it the chair of the Architecture Group(governing group of technical discussion) find it inappropriate.

日本語を使う上でのお願い / When You Use Japanese

* CELFのサービスは日本語でも利用可能です。但し日本語が理解不能な方も多数フォーラムに参加しています。日本語の情報を扱う際には、ごく簡単で結構ですので英文のサマリーを冒頭に付けていただくようお願いします。
 * You can use CELF services in Japanese. But a lot of non-Japanese speakers are also participating the forum. When add information in Japanese, we ask you to add the summary in English at the top, even if it is terse.
 * 今のところ、かなり酷い文法ミスをしてもクレームを頂いたことはありません。 :-?
  * So far, nobody has claimed against even severe grammatical errors. :-? 
* 海外から日本のジャンボリーの様子に強い関心を頂く事も増えてきました。ドキュメント等の英訳のボランティアは大歓迎です。例えばWikiでしたらどんどん英訳を付けてください。
 * Contents of Jamborees in Japan are now attracting interest from overseas. Translation volunteers are welcome. For example, add English translation on Wiki.

翻訳ボランティア / Calling for English translation volunteer

 * Template:Attachment:call4Volunteer.gif
  * (Special thanks to: http://www.ushikai.com/ who provides such a nice icon at free to use condition.)
 * 誰かに英訳のボランティアをお願いしたい場合、このようなアイコンをつけてみてはいかがでしょうか。
  * Please use this icon when you wish some one to volunteer translation to English. :)

Wiki Page

* 今、アクセスしているこのCELF Wikiページはあなたも追記したり、新しいページを作ったりできます。
 * You can add comments or create new pages on CELF Wiki here, now you are accessing.
 * Template:Attachment:pubWikiTips.gif
* 但し、誰が入力したのかを確かめるため、ログインする必要があります。そのためにまず、ユーザーアカウントを作ってください。方法はページ右上の「`UserPreferences`」をクリックして開くフォームに必要事項を記入するだけです。
 * You need to log in in order to record who inputs. So, at first make your user account. You just have to click "`UserPreferences`" on top right of this page, and fill in required items on the form.
* クッキーが利用できるようにしてあると、その後は自動ログインします。
 * If cookies are in effect, you can log in automatically next time.
* ログイン後はページの編集も、新しいページを作ることも出来るようになります。
 * After log in, you can edit page, or create a new page.

Wiki System renewal / Wiki システム更新

* 2008年5月にWikiシステムが更新されたため、上記の画面イメージ等が現行のものとは異なるものになりました。ユーザーインターフェースは変わりましたが操作方法には大きな変更はありません。
 * Because of the wiki system renewal, the user interface which you see now is different to the above image.  However there is no major change of the usage.

To remove uploaded materials and pages / アップロードしたファイルやページの削除

* ファイル削除やページ削除、名前変更が必要な場合は下記のいずれかに連絡してください。
  * If you wish to remove uploaded file, remove or rename wiki page, pleace contact:
   * Tim_dot_Bird(atmark)am_dot_sony_dot_com (English)
   * Satoru_dot_Ueda(atmark)jp_dot_sony_dot_com (日本語でも結構です / Japanese welcome as well as English)

CELF Mailing List

celinux-dev@tree.celinuxforum.org

* CELFには技術ディスカッションを行うメーリングリストが有ります。こちらもフォーラムメンバー如何に係わらず参加可能です。
 * CELF has mailing list for technical discussion. Non-member of the forum can subscribe.
* [[2]](`http://www.celinuxforum.org/mailman/listinfo/celinux-dev`)が参加申し込みWebサイトです。
 * [[3]](`http://www.celinuxforum.org/mailman/listinfo/celinux-dev`) is web site for the subscription
* 例えばジャンボリーで盛り上がった話題のアフターケアにこのメーリングリストを使ってください。
 * Use this mailing list, for example, for after care of the topics at Jamborees.

SIG Mailing List

* 特定のグループで更に突っ込んだメールのやりとりをしたいとき等、アーキテクチャグループ議長に申請すれば独立したメーリングリストを設定する事も可能です。
 * For more detailed discussion in a specific group, a new independent mailing list can be set up by applying to the Architecture Group Chair.
    1. = 余録 / Appendix =
    2. == A Special Offer of English Training Course ==
    3. * ALC教育社様から([Page])CE Linux Forum関係者に対して英語教育コースの優待の申し出がありました。昨年(2005年)末にALC社常務取締役の吉川様始め皆様に、コミュニティー活動を英語圏で行うのに必要な英語力をつけるにはどうすれば良いか、お話を頂く機会がありました。その中で、エンジニアは書く英語から始めると実用的、との助言を頂き、「ビジネスEメール速習パック、ライティングエイド」の紹介を頂きました。詳細はホームページをご覧ください。なお、この教材には英文Eメール作成支援ソフト「カクスケ」が付属しています。カクスケ単体での販売は無いという事です。興味のある方はコーディネータに一報ください。優待の内容、申し込み方法をお知らせいたします。吉川様から「個人的にも是非リナックスオープン開発コミュニティーには大いに期待しており是非力になりたい」との事でした。
    4. * [[4]]
    5. * [[5]]
    6. * An English training firm, "ALC Education" told us that they are pleased to provide us with a special discount offer of their English training course, "Business E-Mail Rapid Learning Course, Writing Aid". If you are interested in this offer, please do not hesitate asking to the coordinator of the Jamboree.